ホーム > 新着レシピ > 梅田さんが教える梅レシピ「梅シロップ」

梅田さんが教える梅レシピ「梅シロップ」

●梅田さんのワンポイント!●
この梅シロップの作り方と同様に、梅と氷砂糖をびんに入れたあとホワイトリカーを注ぐと梅酒の仕込みが完了します。日の当たらない場所で保存し、時々びんをふって氷砂糖を溶かしたらおよそ3カ月で、おいしい梅酒のでき上がり!
※梅を入れたまま、6カ月~1年ほどおくと、より熟成し、さらにおいしくいただけます。

分量のめやす

南高梅(冷凍) 1㎏
氷砂糖 800g~1㎏
果実酒ビン・5号4L

 

作り方

 

 ①漬けこみスタート

  南高梅を水洗いして軽く水けをきり、フリーザーバッグなどに詰めて冷凍庫に入れます。

 〈凍らせてミスなく!〉

  南高梅を冷凍させてから作ると失敗なく短期間で作れます。

  ※目安は24時間以上。

 

 ②氷砂糖と南高梅を殺菌した広口びんに交互に入れて密閉します。氷砂糖の増減で甘さを調整します。

  青①

 

 ③南高梅の解凍が始まると時々びんを動かし、氷砂糖を溶かします。

  青②

 

 ③約7日でできあがりです。

  ※発酵しやすいので、梅の実を取り出してからジュースを別容器に移し替え、冷蔵庫で保存してくだ

   さい。

  青③

 

 

 【アドバイス】

  ・梅シロップ1:水4(or炭酸水)の割合で割ると梅ジュース(梅ソーダ)として、

   また、梅シロップ1:牛乳4の割合で割るとヨーグルト風味としておいしくいただけます。

 

  ・残った梅は、ヨーグルト・パンケーキなどの具材としてご利用できます。

   (種は取り除いてください。)

  

  ・梅の冷凍期間はにおい移りや乾燥を防ぐため、半年を目安に使ってください。