ホーム > 新着レシピ > わが家の梅干しを作ろう~(藤五郎)赤しそ入り梅干し~

わが家の梅干しを作ろう~(藤五郎)赤しそ入り梅干し~

親子でぜひおためしください♪

材料

藤五郎梅 M-L込・2㎏
梅漬用 国産赤しそ

500g

海のサラしお

300g

コープホワイトリカー35

少々

果実酒ビン5号(4L)

 

作り方

 

 ①下準備。

  軽く水洗いをします。

  ※青い状態で漬ける場合は漬ける直前1時間~2時間まえから水につけておきます。

  ①

 

 ②容器の消毒

  容器を洗い、よく乾かします。乾いたあと、ホワイトリカーを盃2杯程度容器に入れ、ふたをし、全体

  に行きわたらせるように回します。全体に行き渡ったらふたを開けホワイトリカーを捨てます。

  ②

 

 ③ヘタ取り

  梅を流水で洗い、ざるにあげて水をきります。

  (※傷がついているものは取り除きます)

  ざるにあけた梅をふきんでふきながら、なり口(へその黒いヘタ)をつまようじでくり抜くように取り

  ます。

  ③

  〈ポイント〉

   ヘタを取ったあとのなり口の水分を十分にふき取ります。

   水分が残っているとカビの原因になります。

 

 ④梅の消毒

  ヘタを取り除いた梅を容器に入れ、ホワイトリカー盃1杯程度を梅の上からまんべんなくかけます。

  (省略してもよい)

  この工程を行った場合、ホワイトリカーのにおいが気になる方は、土用干しをしっかりすることをお勧

  めします。

  ④

 

 ⑤漬け込み(塩)

  塩を半分だけ入れ、塩が全体に行き渡るように容器を揺さぶります。

  ⑤‐1

  残り半分の塩をそのまま上からかけます。

  (ここでは容器を揺さぶらず、そのままにしておきます)

  ⑤‐2

 

 ⑥漬け込み(梅漬用赤しそ)

  その上に梅漬用赤しそ1袋を、押しながら広げます。

  ふたをしていったん作業終了。日が当たらず、温度変化の少ない場所で保管します。

  ⑥

  〈ポイント〉

   ふた口からのぞいて梅が見えなくなるように梅漬用赤しそを広げます。

   梅が見えているとカビの原因となります。

 

 ⑦梅の保管

  作業後2・3日は毎日揺さぶり下にたまり始めている梅酢が梅全体にかかるようにします。

  ⑦

  だんだんと梅酢が容器の9分目くらいまで上がってきます。

  土用干しまでそのまま保管しますが、梅酢が上がってくるまではカビが出ていないか確認を行ってく

  ださい。

 

 ⑧土用干し

  夏土用(7月下旬~8月下旬)のころ、晴天の続く日を選び梅と絞ったしそをざるやござなどで3日間

  かけて干します。表裏を返しながら干し、夕方には梅酢に一度戻し、翌朝同じように干します。

 

 

【カビを出さないためのコツ】
・塩分は15%以上で漬けるのがおすすめです。
・容器は35度以上のホワイトリカーでしっかり消毒してください。
・梅を洗ったら、清潔なふきんでしっかりと水けをふき取ってください。
・できるだけ涼しいところで保管をしてください。

 

【カビがでたときの対処法】

 万が一、白・黒カビが梅の一部や表面に軽く発生した場合は、その部分を取り除く程度で大丈夫です。

 全体に覆うようなカビや梅酢が白く濁った場合は、梅と容器をホワイトリカーで洗い、梅酢をふきんでこ

 し鍋で沸騰させ、さましてから容器に戻してください。